作って試して見て聴いて

アクセスカウンタ

zoom RSS マイクロサーボSG90の動きをArduinoで確認

<<   作成日時 : 2015/04/07 10:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 前の記事「サーボモーターをレゴに組み込む」で用いたモーター(Tower Pro製マイクロサーボSG90)について少し書いておきます。このサーボモータは、構造的に少し弱く、精度が少し低い、という評価もあるようですが非常に安く手に入るサーボです(Amazonで10個二千円台)。なお、サーボホーンは、写真には1枚しか載せていませんが全部で3種類入っています。

画像


 秋月電子のホームページにこのサーボのデーターシートがあります。サーボの制御信号であるPWM信号は、パルス間隔が20m秒周期で、パルス幅1.0m秒〜1.5m秒〜2m秒で−90度〜0度〜90度となっています。それを確認してみました。

 簡単に調べる方法はと考え、サーボライブラリを含むArduinoIDEをダウンロードし、サーボモーターのスケッチの例に含まれていたSweepというのを使ってみました。マイコンボードには、ArduinoUnoを使いました。Arduino出力であるPWM信号を観測したところ、パルス間隔が20m秒周期で、パルス幅約0.5m秒〜2.5m秒の間をスイープしており、このサーボモーターを接続してみてほぼ−90〜+90度の間を動いていることが確認できました。ただし、あくまでも動くことを確かめた、という程度です。どの程度正確なのかは調べていません。個体差もあるようですし、使うときにキャリブレーションも必要かと思います。


 なお、このブログのレゴに関する記事は、私のサイト「アラさんの隠れ家」の「レゴで遊ぼう」のページにまとめてあります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マイクロサーボSG90の動きをArduinoで確認 作って試して見て聴いて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる