作って試して見て聴いて

アクセスカウンタ

zoom RSS 歴史散歩 神奈川宿 金川砂子 本覚寺

<<   作成日時 : 2015/12/17 20:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 金川砂子の本覚寺の図です。左クリックすると拡大します。

画像


 上の図では、旧東海道(中央下辺り)から右上に向かって参道が続いているように見えますが、現在は、下の写真のように、青木橋のところで旧東海道から北へ上り坂を少し進んだところに階段がありますので、明らかに昔とは違っています。

画像


 階段を登り切ると山門です。正面に本堂が見えます。

画像


 下の写真は本堂で、境内は金川砂子の図と同じ配置になっているようです。

画像


 本覚寺は、江戸末期の開国の頃、アメリカ領事館として使われました。この説明碑は上の山門の手前右にあります。

画像


 さて、金川砂子の図と現状を比較してみます。この図では、現在、図の右端中央から左下隅まで引いた直線の下辺りは、JR、京急、第二京浜が通っているものと思われます。

 下の写真は、青木橋を越えたところから本覚寺を撮っています。第二京浜が崖側を通り、JRと京急が橋の下を通っています。正面にある崖際の階段が上の写真の階段です。その登り切った山門の向こう側に本堂の屋根が見えていますので、金川砂子の図に従うと、山門から階段はまっすぐこちら側に伸びていたことが分かります。第二京浜の工事の際、寺の敷地をかなり削ったようです。

画像



 なお、このブログの記事は、私のホームページ「歴史散歩 金川砂子」にまとめています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
歴史散歩 神奈川宿 金川砂子 本覚寺 作って試して見て聴いて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる