作って試して見て聴いて

アクセスカウンタ

zoom RSS 歴史散歩 江戸名所図会

<<   作成日時 : 2016/02/19 23:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 歴史散歩で、江戸名所図会(えどめいしょずえ)の跡を辿ることにしました。江戸名所図会には下の「河崎万年屋」のような絵が多数掲載されています。このブログでは、絵毎に記事を書きます。

画像


 「江戸名所図会」は、江戸時代後期、斎藤月岑(げっしん)が出版した7巻20冊で構成される江戸のガイドマップ(地誌紀行図鑑)です。この図会は、月岑の祖父の代から三代にわたって書き継がれたものです。斎藤家は代々町名主の家柄で、書くのも得意だったようです。

 また、絵は長谷川雪旦等で、非常に緻密で精密です。絵と文とを用いた、江戸文化を紹介する、現在も非常に評価の高い図会となっています。

 「江戸名所図会」は、国立国会図書館デジタルコレクションで”江戸名所図会”で検索すると見つかります。本文にはふり仮名が振られているため、くずし字の木版印刷ではありますが比較的楽に読めます。また、翻刻され注釈の付いた本(ちくま学芸文庫、角川文庫)もあり非常に入手容易です。

 江戸名所図会は以下のように全7巻20冊でできています。巻之一は江戸の中心部、巻之ニは東海道方面、巻之三以降は時計方向に順に廻るように記述されています。

  巻之一 天スウ(王偏に「區」)之部:

    第一冊 江戸城、日本橋、御茶ノ水、浅草橋
    第二冊 両国橋、伝馬町、永代橋、佃島、新橋
    第三冊 増上寺、愛宕山、三田、高輪

  巻之二 天セン(王偏に「旋」)之部

    第四冊 品川、鈴ヶ森、大森、蒲田、六郷
    第五冊 川崎、鶴見、神奈川、小机、浅間
    第六冊 横浜、本牧、程ヶ谷、杉田、金沢

  巻之三 天キ(王偏に「幾」)之部

    第七冊 永田町、霞が関、麻布、広尾、目黒
    第八冊 祐天寺、渋谷、世田谷、溝の口、登戸、丸子
    第九冊 四谷、千駄ヶ谷、代々木、深大寺、国分寺、府中
    第十冊 府中、立川、玉川、高幡不動、向ヶ丘

 以下、各巻の名称のみ書きます。

  巻之四 天権之部

    第十一冊 
    第十二冊 
    第十三冊 

  巻之五 玉衡之部

    第十四冊 
    第十五冊 

  巻之六 開陽之部

    第十六冊 
    第十七冊 

  巻之七 揺光之部

    第十八冊 
    第十九冊 
    第二十冊 

 各巻の名称は、北斗七星を構成する各星の名前からきています。


 なお、このブログの記事は、私のホームページ「歴史散歩 江戸名所図会」にまとめています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
歴史散歩 江戸名所図会 作って試して見て聴いて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる