テーマ:電子書籍

アマゾンのキンドルでWEB上のpdfファイルを読む

 以前の記事WEBページのPDF化(キンドル用)に、WEBの上にあるpdfファイルをキンドルに取り込んだ場合、文字が表示されない場合があることを書きました。これは、おそらく、フォントがファイルに埋め込まれていないためだろうと思われます。  その解決法は後日、と書いたのですが、実際は、とても簡単に解決しました。その方法とは、キンドル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WEBページのPDF化(キンドル用)

 web(ホームページ)には貴重な資料が沢山あります。当然、htmlフォーマットが中心ですが、pdf化されている資料もたくさんあります。私は、必要な資料を印刷して持ち歩いたりしており、大変重宝しています。今回は、webに掲載されている資料をキンドルで読む方法について少し書きます。6インチサイズの表示面の電子書籍端末でwebのページを読む…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

キンドルのための自炊 (スキャンとPDF化の具体例-文庫と新書など)

 自炊とは、紙の本から自分で電子書籍データを作ることだそうで、この記事のタイトルに借用しました。  書籍の裁断とスキャンについては別の記事に書きました。今回は、スキャンとPDF化についての具体例を書きます。ただし、ここでは、電子書籍端末がキンドルであること、私のように視力が少し弱い人が使うこと、を前提にしています。  電子書…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

紙の本の電子書籍化

 電子書籍端末について、シリーズで書いています。今回は、紙の本の電子化です。私の持っている電子書籍端末はamazonのキンドルですので、キンドル向けに特化したお話も書きます。  最近、電子書籍端末の話題が盛り上がっており、自作で本の電子化を行うことを、「自炊」と呼ぶようです。  書籍の電子化を行うには、それなりの仕掛けが必要…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

キンドル(電子書籍端末)が到着。どう使う?

 携帯型の電子書籍端末キンドル(AmazonのKindle)が届きました。キンドルについての印象と、差し当たっての接続処理について書きます。 <キンドルを手にして>  キンドルは表示部にEInkと呼ばれる電子ペーパーを使っています。紙の印刷と同様、外部からの光を反射して黒白を表示しているため、眼が疲れない、見やすいといえそう…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

キンドル(電子書籍端末)の購入

 私の通勤時間は往復4時間弱で、そのうち3時間弱は電車とバスの中です。私はここを読書用のスペースと考え、カバンには新書、文庫本を中心にいつも何冊か入れてあります。が、結構重くて余り沢山持ち運べません。そこで、最近話題を集めている携帯型の電子書籍端末を使ってみようと思い立ちました。  私はもともと近眼で、近視用のメガネをしていました…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

電子書籍と電子書籍端末(リーダー)

 今、世の中では、「断捨利」がはやっているようですが、私も物を捨てられないたちで、特に本は捨てられません。そのため、家には本が溢れています。ときどきブックオフに持ち込んだり、売れそうもない本は古紙回収にまわしたり、としていたのですが、一向に減りません。  また、私の通勤時間は片道2時間弱で、そのうち1時間以上(毎日往復3時間弱)は…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more