テーマ:モーター

ちっちゃいものくらぶの迷路抜けロボットカーをレゴで構成

 ちっちゃいものくらぶがArduino互換のちびでぃ~のを使った迷路抜けロボットカーのキットを販売しています。そのモジュールを使いレゴで組み立てなおしてみました。下の写真です。超音波距離センサーを用いて障害物を検出し、それを避けるように自律的に動きます。  この迷路抜けロボットカーは、下の写真のように組み上がるキットとして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タカラトミーのカウルの受信機

 カウル(CAUL)は2007年にタカラトミーが600円で売りだした手のひらサイズの赤外線コントロールカーで、既に製造終了しています。今回は、そのカウルの受信機を調べてみました。カウルでは、前進/後退は当然にもDCモーターで制御していますが、左右旋回は電磁石を用いて行っています。  下は、カウルの受信機とコントローラーです。左は受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タカラトミーのエアロアールシー(R/C)の受信機を調べた

 エアロアールシー(R/C)は、タカラトミーが2004年に発売開始したラジコンカーです。半完成品だと1050円と入手しやすい価格でした。家を探すと出てくるかもしれないラジコンカーです。そのラジコンカーのコントローラー(送信機)、受信機(モーター駆動回路)、その他の部品の活用を色々と試みています。今回は、受信機の出力特性(モーター駆動信号…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RCクラフトキューブ受信機のモーター出力とサーボ対応

 以前、「RCクラフトキューブの受信機をレゴに組み込む」という記事を書きましたが、その受信機のDCモーター駆動出力について調べてみました。この出力でサーボモーターを動かせないか、という目論見です。  モーター出力系統は2つあり、いずれも2端子で、DCモーターの正転/逆転ができるようになっています。  いずれの出力系統…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイクロサーボSG90の動きをArduinoで確認

 前の記事「サーボモーターをレゴに組み込む」で用いたモーター(Tower Pro製マイクロサーボSG90)について少し書いておきます。このサーボモータは、構造的に少し弱く、精度が少し低い、という評価もあるようですが非常に安く手に入るサーボです(Amazonで10個二千円台)。なお、サーボホーンは、写真には1枚しか載せていませんが全部で3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サーボモーターをレゴに組み込む

 ラジコン用のサーボモーターはいろいろありますが、その中で、小型で低価格な、TowerPro製のサーボモーター(Amazonなどで購入できます)をレゴに組み込んでみました。下のように、水平面に対して垂直に十字軸が出る形にしました。  用いたモーターは下の写真です。サーボホーン(写真の白いアーム)を細工し、2×2ラウンドブロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エアロR/Cの遠心力クラッチをレゴに組み込む

 ステアリング用のモーターとして、タカラトミーから発売されていたラジコンカー(エアロR/C)の遠心力クラッチを付けたモーターをレゴに組込みました。これを使うと、サーボモーターを使わなくてもステアリングを動かすことができます。下の写真がそれです。底は2×8のプレート、上は4×8のプレートを使っています。  下は用いたパーツで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レゴのためのニュートラルに戻るステアリング用モーター

 レゴで作った自動車のステアリングを普通のDCモーターで作ってみよう、というのが今回のテーマです。ステアリングをモーターで動かすには、普通のDCモーターを使うか、あるいは、サーボモーターを使います。サーボモーターは回転角を指定することができますのでステアリングの制御に適していますが、DCモーターの場合、そのままでは切り終わってもニュート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RCクラフトキューブの受信機をレゴに組み込む

 科学教材のアーテック社が、ラジコンで動かすことのできる実験工作「RCクラフトキューブ」を発売しています。このセットには、無線コントローラー、受信機、電池ボックス、モーター、紙で作る車体が含まれています。これを使うと、ラジコンのためのパーツを安い価格で入手できます。ただし、このブログを投稿している今現在は製造打ち切りになっているようで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小物パーツのレゴ組込み

 モーターを動かすために様々な小物が必要です。ここでは、電池ボックスやスイッチなどを書きます。  先ずは、電池ボックスです。単三電池3個、2個、1個それぞれの写真です。いずれも、2×8プレートに電池ボックスをネジ止めし、端子を接着するためのブロックを載せて組んでいます。  上の二つについては、コントロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギア内臓の超小型モーターをレゴに組み込む (その2)

  前の記事「ギア内臓の超小型モーターをレゴに実装する」で、ちっちゃいものくらぶの超小型モータとギアを組み合わせたちびギアモーターをレゴに組み込んでみたのですが、子供が扱うには問題があるため作りなおしました。下の写真が新しいタイプです。  ちなみに、前回は下の写真のようになっていました。非常に小型ですが、実は軸つなぎが外れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギアモーターをレゴに組み込む (その2)

 前に書いた記事「ギアモーターをレゴに実装する」で、ちっちゃいものくらぶのギア内蔵のモーター「ギアモーター」をレゴに実装しましたが、今回その改造を行いました。下の写真が改造版です。  前回の記事のモーターは、下の写真のように、上下のポッチの数がすくなく、車に直接モーターをつなぐと外れやすかったのです。  下の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギア内臓の超小型モーターをレゴに組み込む

 ちっちゃいものくらぶの超小型モータとギアを組み合わせたちびギアモーターをレゴに組み込んでみました。このモーターは、3V程度で数十mAしか流れないため、モータードライバーがなくても駆動できるようです。  ちびギアモーターは下の写真の右側のような形をしています。これと、8歯のピニオンギアと軸つなぎを使います。  先ずピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギアモーターをレゴに組み込む

 ちっちゃいものくらぶのギア内蔵のモーターをレゴに実装してみました。このモーターは、小電流で動作するため、USB給電でも駆動できるようです。  購入したギアモータは下のようになっています。モーターとギアがマウントされており、両側に駆動軸が出ています。軸にはゴムチューブが付けてあり、このチューブはレゴの十字軸にピッタリとはまります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マブチモーターをレゴに組み込む

 孫達がレゴで遊ぶ年代になってきましたので、動くレゴ作品を作れるように準備を始めたところです。レゴの正規部品としてパワーユニットが売られていますすが、いいお値段ですし、サイズも大きいので、ここでは自作を試みます。低価格で軽いことが目標です。  何かを動かすためには、先ずはモーター、それから、その周りのパーツ、リモコン、と準備すべき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more