マガモ

 高松市の中心にある栗林公園(りつりんこうえん)で見たマガモです(2013/2/27)。オスは色彩豊か、メスは地味、という標準的なパターンです。マガモのオスは、頭部は緑色ですが、光の具合で少し色合いが変わります。くちばしは黄色く先端が黒くなっています。

画像


 少し離れたところに、仲良さそうなペアがいました。

画像


 栗林公園は、代々の藩主の庭園であったもので、国の特別名勝に指定されています。高松市の中心部にあり、手入れが行き届いている庭園です。大勢の人が訪れる庭園なのに、ここで見られる野鳥の種類はとても多いようで驚きです。


 このブログの野鳥に関する記事を、私のサイト「アラさんの隠れ家」「野鳥の撮影」のページにまとめてあります。

この記事へのコメント

2013年03月06日 23:28
少し前のニックネームは讃岐の三太郎を使っていました、今頃の栗林公園は梅が綺麗でしょうね、高松勤務の頃は入園定期券を買って毎朝散歩をしていました。ハスもこれからの楽しみですね。
アラ
2013年03月07日 22:30
おっしゃるとおり、栗林公園は梅がきれいでしたよ。平日だったのに大勢の人が梅を楽しんでいました。毎朝散歩を楽しまれた時代があったとは羨ましい。私はこの度、出張の合間に2時間ほどぶらついただけでしたので。。。

この記事へのトラックバック